エアコン水漏れの主な原因

エアコンは、夏場になると、ルームエアコンや、天吊りエアコンなどは水漏れする可能性があります。水漏れの主な原因をここでご説明します。

熱交換器、ファンの汚れ

エアコンは冷房時、室内の湿気を取り除きますが、熱交換器やファンが汚れていると、風量がでなくなり、冷えた空気がエアコン内に停滞することで、熱交換器が結露しやすい状態になり、その結果水漏れを引き起こすことがあります。また熱交換器や、ファンの汚れは、ドレン配管(エアコンの結露水などを排水するための管)を詰まらせる原因になります。

ドレン配管のつまり

エアコンの結露水などを排水するための管をドレン配管といいますが、スライムの発生や、汚れでドレン配管が詰まると、水漏れを引き起こします。

ドレンホース、ドレン配管の破損、亀裂

地震などによる振動や、ネズミがかじるなどが原因で、ドレン配管や、ドレンホースが破損し、水漏れを引き起こす可能性があります。破損箇所によっては、修理が難しくなることがあります。またドレン配管は、ネズミのかじりやすい素材でできているところもあり、状況に応じて特殊なコーティングを施すなど対策する必要があります。

水漏れ原因を特定する方法

点検口からチェック

点検口から水漏れ箇所を確認してみると、原因を特定できる可能性があります。食品関係で使ってるエアコンに関しては、ネズミにかまれていないか、地震など振動があった後の水漏れの場合は、亀裂などが無いかチェックする事で、水漏れ原因を特定できる可能性があります。

汚れは進んでいないか

エアコンの室内機の風量で汚れが進んでいるかどうか判断できる可能性があります。送風運転で吹き出し口に手をかざしてみて、風が出てるところ出ていない所が有るなど風がまばらだったり、あるいは風が全然出ていない場合、汚れが進んでいる可能性があります。その場合は洗浄をお勧めします。

    

    

以上が、エアコン水漏れの原因になります。アイリスコでは水漏れの原因特定と、修理も行っておりますので、お困りのお客様はお気軽にご相談ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。